不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンとは、不動産を担保にしてお金を借りる商品のことです。無担保型と呼ばれるキャッシングなどは、その人の信用力をもとにお金を借りますが、不動産担保ローンはその人の信用力に加えて、不動産の価値に応じてお金を借りることになります。不動産があれば必ず不動産担保ローンを利用できるわけではなく、担保の価値を評価し、それに適した範囲内での融資になります。

一般的な無担保ローンと比べると低金利でお金を借りることができます。また、担保価値の余力にもよりますが、数百万円以上や数億円といった大きなお金を借りることができます。さらにローンの借り換えなどにも利用できます。

不動産を担保にお金を借りるので、返済できない場合、その不動産には抵当権の設定登記がされます。意味としては、金融会社は不動産を売却し、売却代金から貸したお金を回収するということになり、担保にした不動産を失います。また、不動産を売却しても担保価値が下がっていて返済できない場合は、その残りの不足分も返済しなければいけません。

不動産担保ローンを利用すると、金融機関にもよりますが、一般的に以下のような費用が発生します。「事務手数料」 「不動産鑑定費用」 「印紙代」 「(根)抵当権設定の登記費用」借りた金額によっては合計で数十万円の諸費用が掛かる場合もありますので、事前に確認が必要になります。

不動産担保ローンは、まとまった金額を借りられることや、金利が比較的に低いなどのメリットがあり、大変便利なものですが、担保にした不動産を失うなどの大きなリスクを伴うものですので、借りる前にしっかり把握してから利用の検討を行いましょう。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る