ブログ

プレハブ建築協会、CS向上に向けて優良事例を紹介

プレハブ建築協会は、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて「『CSへの取り組み』~お客さまと企業を末永くつなぐ責任と信頼~」をテーマに「住宅産業CS大会」を開催したとのことです。この大会は2005年に始まっており、協会会員各社が情報交流を行い、業界の品質レベルを高めることを目的にしているようです。事例発表において、ミサワホームが「コールセンター機能の拡充」、「デスク担当者のスキルアップ支援」、「Web体制強化によるオーナーリレーションの強化」といった取り組みを紹介、また、ヤマダホームズは、リフォームやメンテナンス等に使用できる「オーナー向けの積立型プリペイドカードの仕組み」などを紹介したもようです。この大会の開催を通じて会員各社の業績向上ならびに国民の住生活の向上に寄与していきたいとのことです。

関連記事

ページ上部へ戻る