不動産関連ニュース

  1. 住宅金融支援機構、国内初となる住宅ローンを資金使途とする「住宅金融機構グリーンボンド」の発行を発表

    (独)住宅金融支援機構は、国内初となる住宅ローン債権の買取代金を資金使途とする「住宅金融機構グリーンボンド」を2019年1月に発行すると発表しました。

  2. 東急不動産、東急少額短期保険(株)を設立し保険業界に参入すると発表

    東急不動産は、東急少額短期保険株式会社を設立し、大手ディベロッパーでは初となる保険業界に参入することを発表しました。

  3. 中古戸建て価格、首都圏は4ヶ月ぶりに下落

    (株)東京カンテイは、2018年11月の主要都市圏・主要都市別の中古木造一戸建て住宅平均価格動向を発表しました。調査対象は、敷地面積100~300平方メートル、最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内もしくはバス20分以内、木造で土地・建物とも所有権の物件としています。

  4. ハウスドゥ、関西アーバン銀行と「ハウス・リースバック」の取扱拡大を目的とした業務提携を開始

    ハウスドゥは、「ハウス・リースバック」の取扱拡大を目的に関西アーバン銀行と業務提携をしました。

  5. 新潟市と土木・防災工事の興和、積水化学工業が連携し下水熱を生かした融雪システムの実証実験を開始

    新潟市と土木・防災工事の興和、そして積水化学工業が連携して下水熱を生かした融雪システムの実証実験を今冬から開始するようです。これは、国土交通省の「下水道革新的技術実証事業」の一環で、市内の道路に放熱用パネルを埋め込むことにより融雪に十分な熱が路上に伝わるかどうかを確かめるといった実証実験のようです。

  6. 積水ハウス、グリーンファーストリノベーション商品「いどころ暖熱」を発売

    積水ハウスは、同社が建築した築20年以上の既存戸建住宅の快適性をZEHレベルに向上させるグリーンファーストリノベーション商品「いどころ暖熱」を発売しました。

  7. 国土交通省、都市再生特別措置法の規定に基づき天神(福岡市)の民間都市再生事業計画を認定

    国土交通省は、都市再生特別措置法の規定に基づき、福岡地所(株)から申請のあった民間都市再生事業計画「(仮称)天神ビジネスセンタープロジェクト」の認定を発表しました。

  8. 国土交通省、制度創設後初めて「安心R住宅」の流通状況を公表

    国土交通省は、制度創設後初めて「安心R住宅」の流通状況を公表しました。

  9. (株)ハウスドゥ、家賃滞納における「賃貸保証サービス」の開始を発表

    (株)ハウスドゥは、連帯保証人に代わり、家賃の滞納等があった際に物件の家主及び不動産会社に家賃を立替払いする「賃貸保証サービス」を提供開始することを発表しました。

  10. 建物付属のブロック塀等の耐震化促進に関する政令を閣議決定

    先日、「建築物の耐震階数の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定しました。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る