不動産関連ニュース

  1. 国土交通省、「安心R住宅」の実施状況を公表

    国土交通省は、2018年4月1日より運用を開始した「安心R住宅」について、国土交通大臣の登録を受けた事業者団体計9団体に実施状況調査を行ったとのことです。

  2. 建築環境・省エネルギー機構、「CASBEEウェルネスオフィス先行評価認証制度」による選考認証を実施

    建築環境・省エネルギー機構は、「CASBEEウェルネスオフィス先行評価認証制度」による選考認証を実施し、10件の認証物件を発表しました。

  3. インテリックス、不動産投資型クラウドファンディングサービスにおいて第1号「不動産ファンド」の募集を開始

    インテリックスは、不動産投資型クラウドファンディングサービス「X-Crowd」において、第1号となる不動産ファンドの募集を開始しました。同サービスは、電子取扱業務の許可を取得しており基本的な手続きをインターネットで行うことができるため、より手軽に投資することが可能になるようです。

  4. 野村不動産パートナーズの「リ・プレミアム」、国土交通省支援の「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に認定されたと発表

    野村不動産パートナーズは、分譲マンションにおける大規模修繕工事の実施周期を延伸する仕様「re:Premium(リ・プレミアム)」が、国土交通省が支援する「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の「良好なマンション管理」に認定されたと発表しました。

  5. 国土交通省、2019年10月の建築着工統計を発表

    国土交通省は、2019年10月の建築着工統計を発表しました。同月の新設住宅着工戸数は7万7,123戸で、4ヵ月連続の減少になったようです。また、新設住宅着工床面積は638万6,000平方メートルで3ヵ月連続の減少、季節調整済年率換算値は87万9,000戸で先月増加したものの再び減少したとのことです。

  6. 国土交通省、不動産価格指数2019年8月分(住宅)および第2四半期分(商業用不動産)を発表

    国土交通省は、不動産価格指数2019年8月分(住宅)および第2四半期分(商業用不動産)を発表しました。指数は10年の平均を100とし、同月の住宅総合指数は112.9で57ヵ月連続で上昇しており、住宅地は99.9、戸建住宅は100.9、区分所有マンションは147.8となったもようです。

  7. ハイアス・アンド・カンパニー、不動産エージェント事業の加盟募集を開始

    ハイアス・アンド・カンパニーは、住宅会社を対象とした不動産エージェント事業「トチスマ・ショップ」の加盟募集を開始しました。まず先行会員企業として20社限定での募集となるようです。

  8. アットホーム、2019年10月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表

    不動産情報サービスのアットホームは、全国不動産情報ネットワークにおける2019年10月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表しました。

  9. JLL、2019年第3四半期の大阪Aグレードオフィス空室率および賃料を発表

    JLLは、2019年第3四半期の大阪Aグレードオフィス空室率および賃料を発表しました。空室率は0.2%となり、調査開始以来最も低い水準を連続で更新したもようです。

  10. 国土交通省、「土地取引動向調査」の結果を公表

    国土交通省は、2019年8月時点における「土地取引動向調査」の結果を公表しました。土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象に半期ごとに調査しており、今回の調査対象は上場3,376社、資本金10億円以上の非上場2,610社で、そのうち有効回答数は1,739社だったもようです。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る