ブログ

ローソン銀行、地方銀行とQRコード決済業者の接続サービスを開始

ローソン銀行は、地方銀行とスマートフォン決済事業者のシステムをつなぐサービスを来春にも開始することを発表しました。地銀は個別に接続交渉する負担が軽くなることもあり、地銀口座からQRコードを使うスマホ決済にチャージできる取り組みを広げ、地方へのキャッシュレス化の推進をはかりたいもようです。スマホ決済事業者との接続交渉を敬遠し利用に踏み込めない地銀が多いこともあり、ローソン銀行はATM運営事業に使うために接続している118行とのシステム網を活用し、ローソン銀行がQRコード決済事業者とシステムの接続を行い、希望する提携銀行とQRコード決済事業者をつなぐといった流れになるとのことです。今後、ATMからの現金引き出しの減少が見込まれていることも踏まえ、ローソン銀行はキャッシュレス化が進展するなか収益を確保できる事業構造への転換を目指しているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る