金融関連ニュース

  1. 三菱UFJ銀行、不稼働口座に口座管理手数料の導入を検討

    三菱UFJ銀行は、2年以上利用のない「不稼働口座」に管理手数料の導入を検討していることを発表しました。新規開設分を対象とし、2020年10月にも年1,200円の口座管理手数料を導入するといった計画のようです。

  2. 三菱UFJフィナンシャルグループ、デジタル通貨でリクルートと共同出資会社を設立へ

    三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、デジタル通貨によりリクルートと共同出資会社を2020年に設立し、MUFGが独自開発してきた決済やポイントサービスに使えるデジタル通貨の運営を新会社に移すことを発表しました。

  3. マネックス証券、auカブコム証券、松井証券が信用取引および投資信託の手数料を撤廃すると発表

    マネックス証券は12月中に上場投資信託と不動産投資信託の信用取引にかかる売買手数料をゼロにし、2020年1月には投資信託の販売手数料についても事実上撤廃することを発表しました。

  4. 三菱UFJ信託銀行、「リバースモーゲージ」で返済不足に備えた仕組みを作成

    三菱UFJ信託銀行は高齢者向けに自宅を担保に老後の資金を融資する「リバースモーゲージ」で返済不足に備えた仕組みをつくることを発表しました。リバースモーゲージは老後資金を確保する手段の一つであるものの金融機関の取り扱いが伸び悩んでいることが現状のようです。

  5. 西日本シティ銀行とグルーヴノーツが連携、AIで業務効率化の実証実験を開始

    西日本シティ銀行はスタートアップのグルーヴノーツと組み、人工知能(AI)で業務効率化の実証実験を始めたことを発表しました。

  6. 地方で先行、休眠口座に手数料を課す動きが拡大

    信用金庫などの地方金融機関において休眠口座に手数料を課す動きが広がっているもようです。口座の管理コストの重さが要因で、預金口座を管理するためのシステム費用や資金洗浄対策、人件費などに預金口座を維持しておくだけで費用がかかっているとのことです。

  7. 金融庁、個人情報の管理を徹底、事前同意の義務化へ

    金融庁は金融審議会において、インターネット販売などの金融仲介業者が銀行や保険など業態をまたいだ商品を扱う際に厳格な個人情報の管理を求める案を提示しました。

  8. 地方銀行と信用金庫の連携事業、拡大へ

    地方銀行と信用金庫は、コスト削減や情報共有でメリットが見込める分野において連携し、融資獲得やサービス提供で健全な競争関係を維持していくとのことです。

  9. みずほ銀行、ソフトバンクグループに対し3,000億円規模の融資を協議

    ソフトバンクグループ(SBG)に対して主力取引銀行のみずほ銀行などが3,000億円規模の融資について協議しているようです。SBGは傘下のファンドの投資先で、シェアオフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの経営再建に向けた支援策に融資資金を充てるとのことです。

  10. 地方銀行77社、2019年9月中間決算の不良債権処理費用が前年同期の2倍へ

    東京証券取引所などへ上場している地方銀行77社が2019年9月中間決算において、新たに計上した不良債権処理費用が合計1,058億円で前年同期の2倍に膨れ上がったことを発表しました。融資先の中小企業の経営の悪化や倒産により、多くの地銀が最終的に減益となったもようです。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る