スタッフの独り言

  1. 不安定な収入で不動産担保ローンを借りたいとき

    以前あるお客さまより、『収入が月によって多い時と少ない時があります。安定していないと不動産担保ローンは借りれませんか?』というご質問をいただきました。季節商品を取り扱う仕事をされているため、どうしても収入がまちまちになってしまうとの事でした。

  2. 担保の名義人でないときどうするか

    あるお客さまからいただいたご質問に、『担保にしたい家があります。その家の名義人ではありませんが、不動産担保ローンで貸してもらえますか?』という内容のものがございました。お申し込み者さまと名義人さまが異なる場合は、必ず名義人さまのローンへの同意が必要となります。

  3. 地方の不動産でも借りれる不動産担保ローン

    お客さまよりよくいただくご質問の一つに、『所有している不動産が地方にありますが、これで不動産担保ローンを貸してもらうことはできますか?』というものがございます。日本の人口の一割が東京に住んでいるとはいえ、残りの九割の人はそれ以外の地方に住んでいます。

  4. 他社借り入れと不動産担保ローン

    他社さまでのお借り入れがあるお客さまから、不動産担保ローンのご利用についてご相談をいただくことがございます。お客さまごとのケースによって異なりますので一概には申し上げられませんが、ご融資できるケースとできないケースがございます。ご融資できないケースは、主に総量規制にかかる場合です。

  5. パートでも借りれる不動産担保ローン

    先日あるお客さまより、『家のリフォーム資金を借りたいのですが、パート勤務でも不動産担保ローンは貸してもらえますか?』というご相談をいただきました。介護のためにご自宅内を少し手入れするのに160万円のご融資をご希望でした。

  6. 個人事業主でも借りれる不動産担保ローン

    先日弊社にご相談にいらしたお客さまより、『法人企業ではなく個人事業主でも、事業資金は融資してもらえますか?』とのご質問をいただきました。個人事業主の場合、借りにくいのではないかとご心配のご様子でしたが、弊社ではそのようなことはございません。

  7. 兄弟名義の不動産で不動産担保ローンを借りる

    不動産担保ローンは、まとまった資金を低金利で借りれるローンです。また返済期間も20年や30年などの長期に設定できるため、返済プランも立てやすくなっています。担保さえあれば有利な条件で借りたいという方は多いと思いますが、だれもが不動産を持っている訳ではありません。

  8. 不動産担保ローンのつなぎ融資

    つなぎ融資とは、収入と支出のタイミングのズレを解消できるローンです。例えば『6月になれば入金があるが、3月どうしても支払いの資金が必要』などのケースで活用することができます。つなぎ資金を必要とされる方は、資金を用意しなければならない期限が迫っていることが多く、時間的な余裕がない方がほとんどです。

  9. 不動産担保ローンを選ぶポイント

    不動産担保ローンを扱う融資会社も色々ありますが、最低限気をつけておきたいことがあります。まずは金融庁や貸金業協会の正規登録業者であることと、融資限度額が希望額に対応できるものかどうかです。

  10. 人に貸している不動産を担保にする

    先日お客さまより、『他人に貸している不動産を担保にして融資を受けたい』というご相談をいただきました。弊社では、他の方にお貸しになっている不動産でも、不動産担保ローンの担保にご利用いただけます。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る