スタッフの独り言

  1. 曾祖母の不動産で曾孫が借りる

    先日あるお客さまより、『曾祖母名義の不動産で、曾孫の私が不動産担保ローンで融資してもらうことはできますか?』というご質問をいただきました。この場合『第三者担保提供による不動産担保ローン』となりますので、名義人さまの同意があれば不動産担保ローンはご利用いただけます。

  2. 追加で不動産担保ローンは借りれるのか

    先日あるお客さまより、『既に不動産担保ローンを借りていますが、同じ担保を使って追加で融資してもらえますか?』というご質問をいただきました。お客さま毎のケースによっても異なりますが、お客さまの返済原資に余裕がある場合で、現在担保にしている不動産に担保として余力があれば追加のご融資が可能となります。

  3. 不動産担保ローンと住宅ローンの違い

    先日あるお客さまより、『不動産担保ローンと住宅ローンはどう違いますか?』というご質問をいただきました。不動産担保ローンはお客さまが所有する不動産を担保にして融資を受ける有担保ローンで、融資された資金の使いみちに制限はありません。

  4. 不動産担保ローンで借りれる金額とは

    お客さまよりよくいただくご質問の一つに、『不動産担保ローンで融資してもらえる金額はどのくらいですか?』というものがございます。ご融資額はお客さまが担保にされる不動産の評価額によって最も左右されますので、一概にいくらとは申し上げられませんが、一般的に不動産評価額の6割~7割前後が相場とされています。

  5. 原則として抵当順位に制限なしの不動産担保ローン

    先日あるお客さまより、『担保不動産の抵当順位に決まりはありますか?』というご質問をいただきました。銀行をはじめとした金融機関によっては、抵当権が第1位以外では融資を行わないというところもございます。しかし弊社では、抵当順位に制限は設けておりません。

  6. 叔母の不動産で甥がローンを組める

    先日あるお客さまより、『叔母名義の不動産で、私が不動産担保ローンを組めますか?』というご質問をいただきました。弊社では、第三者担保提供による不動産担保ローンもお取り扱いが可能です。

  7. 売り上げが少なくても借りれる不動産担保ローン

    先日あるお客さまより、『不動産担保ローンでも、売り上げが少ないと貸してもらえませんか?』というご質問をいただきました。弊社では不動産の担保力を評価の主軸とした審査を行っておりますので、経営状態について現状があまり良くなくても、一律にお断りするようなことはございません。

  8. 不動産調査費用の負担について

    先日あるお客さまより、『不動産担保ローンの調査費用は誰が負担しますか?また調査費用はいくらぐらいになりますか?』というご質問をいただきました。担保になる不動産の調査は、必ず現地に行って不動産鑑定士の資格を持った人間が行います。

  9. 未登記の不動産は担保にできるのか

    先日あるお客さまより、『未登記の不動産でも不動産担保ローンは借りられますか?』というご質問をいただきました。不動産担保ローンの担保になる不動産は、登記の手続きをお願いしております。登記がお済みでない場合、登記手続きを行ってからのご契約となります。

  10. 資金使途自由な不動産担保ローン

    先日あるお客さまより、『融資された資金の使いみちに決まりはありますか?』というご質問をいただきました。教育費用として使用したいけれど、入学資金や授業料ではなく、塾などの費用に充てたいとのことでした。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る