スタッフの独り言

  1. 不動産担保ローンの担保提供者と保証人の違い

    先日お客さまより、第三者担保提供の不動産担保ローンについて『担保提供者と保証人はどう違うのですか?』というご質問をいただきました。担保提供者とは不動産の所有権をローンの担保として提供するということです。

  2. 住宅ローン返済中でも融資可能な不動産担保ローン

    先日あるお客さまより、『住宅ローンを返済している途中ですが、この不動産で融資してもらうことはできるでしょうか?』というご質問をいただきました。

  3. 経営状況は思わしくないが、不動産担保ローンで経営状況の健全化を図ることもできる

    お客さまからよくいただくご質問の一つに、決算内容に関してのものがございます。経営状況が思わしくなく事業性資金を借りたいと思っても、赤字決算では貸してもらえないのではないかとご心配のお客さまも多くいらっしゃいます。弊社では、赤字決算だからといって一律にお断りするようなことはしておりません。

  4. 父親名義の不動産でも組むことができた不動産担保ローン

    お客さまよりいただくご質問の中でよくあるものの一つが、第三者担保提供による不動産担保ローンに関するものです。不動産担保ローンには担保にする不動産が必須となりますが、この担保不動産を用意するのは必ずしもお申し込み者さまである必要はございません。

  5. 複数の土地を担保にして不動産担保ローンを借りる

    先日ご相談いただいたお客さまより、『複数の土地を担保にして希望額を借りることはできますか?』というご質問をいただきました。お客さまによっては土地を複数所有されているかたもいらっしゃいます。

  6. 法人の納税でも不動産担保ローンを借りれる

    先日あるお客さまより、『法人税の納税が理由でも不動産担保ローンは借りられますか?』というご質問をいただきました。弊社の不動産担保ローンは資金使途が自由となっておりますので、法人税や消費税などの納税の理由でも不動産担保ローンをご利用いただけます。

  7. 新規開業の資金にも使える不動産担保ローン

    弊社では、新規開業されるお客さまのための不動産担保ローンにも力を入れております。金融機関によっては、新規開業など経営実績のない状態では、なかなか希望額の借り入れができないケースもございます。

  8. 小規模な企業でも借りれる不動産担保ローン

    先日あるお客さまより、『小さい会社でも事業資金の融資をしてもらえますか?』というご質問をいただきました。弊社では事業の規模には関係なく事業内容や事業計画を評価して審査させていただいております。

  9. 既に亡くなった家族名義の不動産でローンを組む

    先日お客さまより、亡くなられたご家族さま名義の不動産を担保にしたいとのご相談をいただきました。お申し込み者さまと担保の名義人さまが異なる場合、必ず名義人さまの同意が必要となります。しかし既にお亡くなりの場合、この同意を得ることができませんので、名義変更の手続きが必要となります。

  10. 同じ不動産を担保に追加で借りる場合

    弊社の不動産担保ローンをご利用いただいたお客さまの中には、同じ担保を利用して追加でご融資する場合がございます。例えば1,000万円の評価の不動産を担保に600万円借りて、300万円返済が終わっているとき、最大で300万円前後は追加でご融資できることになります。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る