ブログ

東京証券取引所がメルカリのマザーズ上場を承認

東京証券取引所が、フリマアプリ「メルカリ」を提供するメルカリのマザーズ上場を5月14日に承認しました。6月19日に新興企業向け市場マザーズに上場する予定です。上場時に想定される時価総額は3000億円超とみられており、今年に入っての最大規模の新規上場になる見込みです。メルカリは、2013年に創業し、スマートフォンに特化した個人間取引のフリマアプリ「メルカリ」のサービスを開始するほか、本やCDを取り扱う「メルカリ カウル」や、ブランド品向け「メルカリ メゾンズ」などを運営するほか、2017年11月には決済・金融事業の展開に向けてのメルペイの設立、2018年2月にはシェアサイクルサービス「メルチャリ」を始めるなど他領域への事業展開も進めているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る