よくある質問Q&A

  1. 曾祖母の不動産で借りれる?

    Q.曾祖母名義の不動産がありますが、これを担保にひ孫が不動産担保ローンを組むことはできますか?A.可能です。ただし、名義人である曾祖母さまがローン内容を理解した上で担保化に同意していただく必要がございます。またその際、曾祖母さまの意思能力に問題がないことも条件となります。

  2. 既に借りていて追加で不動産担保ローンできる?

    Q.既に借りている不動産担保ローンがありますが、同じ担保で追加で融資してもらうことはできますか?A.現在担保にされている不動産に、担保としての余力があれば追加でのご融資も可能です。

  3. 住宅ローンとの違いは何?

    Q.不動産担保ローンと住宅ローンの違いは何ですか?A.『不動産担保ローン』は既に所有している不動産を担保として融資を受けるというローンで、融資した資金の使いみちに制限はありません。一方『住宅ローン』は、資金使途が購入者やその家族が済むための住宅を新規に購入する目的に限定されたローンです。

  4. 不動産担保ローンで借りれる金額は?

    Q.不動産担保ローンで融資してもらえる金額はいくらぐらいですか?A.担保にされる不動産の評価額や、お客さま毎のケースによっても異なりますので一概には言えませんが、弊社の不動産担保ローンでご融資できる金額は、最高で5億円となっております。

  5. 抵当順位に決まりはある?

    Q.不動産担保ローンでは、担保の不動産の抵当順位に決まりはありますか?A.ありません。弊社では抵当順位が2位以下の場合でも、不動産に担保力があればご融資は可能となっております。

  6. 叔母名義の不動産で借りれる?

    Q.叔母が持っている不動産がありますが、これを担保に私がローンを組むことは可能でしょうか?A.可能です。弊社では、お申し込み者さまと不動産の名義人さまが異なる場合でも不動産担保ローンのお取り扱いが可能です。

  7. 売り上げが少なくても借りれる?

    Q.売り上げが少ない場合、不動産を担保にしても融資はしてもらえないんでしょうか?A.現在の売り上げや経営がよくない状態でも、一時的なものであれば問題ありませんし、一律にお断りするのではなく柔軟に対応させていただいております。

  8. 調査費用は誰が負担するの?

    Q.審査に必要な不動産の調査費用や、地方不動産の場合の調査員の出張費などは借り手が負担するのでしょうか?A.不動産調査費用は専門の有資格者が行います。

  9. 未登記でも融資可能ですか?

    Q.未登記の不動産でも不動産担保ローンで融資してもらえますか?A.不動産担保ローンをご利用いただくためには、登記の手続きをしていただく必要がございます。登記手続きを済ませたのち、不動産担保ローンの担保不動産としてご利用いただけます。

  10. 資金使途に制限がありますか?

    Q.不動産担保ローンで借りた資金を教育費用として利用したいのですが、資金使途に制限はありますか?A.制限はありません。弊社の不動産担保ローンでは、ご融資した資金の使いみちは自由となっておりますので、もちろん教育費用としてもご利用いただけます。

GlobalSign SSL

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
お客様のご入力された内容は、実用化最高レベルの暗号技術(SSL256ビット)によって暗号に変換された上で送信されます
ページ上部へ戻る