ブログ

  1. 他社への返済が多いため、不動産担保ローンで見直しができるのか?

    Q.他社への返済が多いのですが、不動産担保ローンで見直しすることはできますか?A.返済原資があって担保がご自宅以外の不動産の場合、他社借り入れが複数あっても不動産担保ローンをご利用いただくことが可能です。

  2. 金利上昇によるマイナス影響、不動産業が強い懸念

    株式会社帝国データバンクは21日、金利上昇による企業への影響調査の結果を公表しました。日本銀行が3月19日の金融政策決定会合においてマイナス金利の解除・イールドカーブ・コントロールの撤廃などを決定したことを受け、一部金融機関では預金・貸出金利を引き上げる方向で動き始めたようです。

  3. 設計から販売まで、DXで最適化を 経産省指針策定へ

    経済産業省は企業の製造工程をデジタルトランスフォーメーション(DX)で効率化するよう促す指針を作るようです。顧客の需要を反映した新商品の市場投入を素早く進めたくても、設計や調達、販売といった部門の縦割りが弊害となっています。全社共通のシステム導入などを後押しし、全体最適化を目指してもらうもようです。

  4. 第三者担保提供で借りるリフォーム資金

    先日、あるお客さまより「自宅をリフォームしたいのですが、私名義ではない不動産でも担保にできますか?」というご質問をいただきました。お申し込み者さまが不動産をお持ちでない場合、『第三者担保提供の不動産担保ローン』でローンを組むことができます。

  5. 息子名義の不動産を担保にリフォーム資金は借りれるのか?

    Q.自宅をリフォームしたいのですが息子名義の不動産を担保に借りれますか?A.可能です。弊社の不動産担保ローンは資金の使いみちが自由となっておりますので、リフォーム費用としてももちろんご利用いただけます。

  6. 4月のレインズ、新規登録が3ヵ月ぶりに減少

    公益財団法人不動産流通推進センターは20日、2024年4月の指定流通機構(レインズ)活用状況を公表しました。新規登録件数は34万9,618件(前年同月比0.6%減)となり、3ヵ月ぶりに減少したようです。成約報告件数は5万262件(同4.1%増)となり、12ヵ月連続の増加となったようです。

  7. 金融庁、じもとHDの議決権63%取得へ 公的資金無配で

    金融庁が山形県地盤のきらやか銀行と仙台銀行を傘下に持つじもとホールディングス(HD)の議決権を63%握ることが明らかになりました。公的資金注入に伴い国が保有する優先株に議決権が発生し、じもとHDは6月下旬にも事実上、国有化状態に置かれることになるようです。

  8. 同じ不動産でも追加融資可能な不動産担保ローン

    先日、あるお客さまより「不動産担保ローンを返済中に、同じ不動産で追加で融資してもらえますか?」というご相談をいただきました。同じ不動産で追加融資ご希望の場合、ある程度返済が進んでいれば追加のご融資ができるようになります。不動産調査などは済んでいますので、より迅速にお手続きできます。

  9. ローン返済中でも追加で資金は借りれるのか?

    Q.不動産担保ローンを返済中なのですが追加で借りることはできますか?A.可能です。現在、借りられている不動産に担保余力があるか、新たに担保を追加する方法でも不動産担保ローンでのご融資は可能になります。

  10. 3月の建設総合統計、出来高総計は2.8%増 

    国土交通省は17日、3月の建設総合統計を発表しました。同月の出来高総計は5兆1,254億円(前年同月比2.8%増)となったようです。民間の出来高総計は2兆8,532億円(同2.0%減)。うち建築は2兆1,607億円(同2.3%減)、土木は6,926億円(同1.0%減)だったようです。

ページ上部へ戻る