ブログ

  1. 不動産業をしていても借りられる?

    Q.不動産業をしております。転売用の不動産購入のために資金が必要なのですが、借りれますか?A.可能です。弊社は不動産業者さま向けのローンプランをご用意しておりますので、競売物件の購入資金や分譲用地購入資金など、もちろん転売用不動産の購入資金としてもご利用いただけます。

  2. 現行・住宅ローン減税の控除限度額確保を

    一般社団法人不動産協会は22日、第333回理事会を開催し、税制改正の動向や政策課題の取組状況について報告を行なったようです。

  3. きらぼしFG、スマホ決済提供へ 給料前払いの「出口」に

    東京きらぼしフィナンシャルグループが、スマートフォン決済のアプリの提供を始めるようです。きらぼし銀行が提供する給料前払いサービスと連携し、契約する企業が従業員のアプリに無料で入金できるようにするようです。

  4. 義姉名義の不動産でも融資可能な不動産担保ローン

    先日あるお客さまより、『妻の姉名義の不動産を担保にして私がローンを借りられますか?』というご質問をいただきました。名義人であるお義姉さまが不動産の担保化に同意してくださるのであれば、問題なく第三者担保提供の不動産担保ローンはご利用いただけます。

  5. 義姉名義の不動産を担保にしてローンは組めるのか?

    Q.妻の姉名義の不動産でローンを組むことはできますか?A.可能です。第三者の方に担保にする不動産をご用意いただく場合、その名義人さまがローン内容をご理解された上でご協力くださるのであれば、不動産担保ローンをご利用いただけます。

  6. 注文住宅の受注棟数、3期連続プラス

    一般社団法人住宅生産団体連合会は19日、2021年度第3回「住宅業況調査」(21年7~9月)の結果を発表しました。会員各社の支店・営業所・展示場等の営業責任者を対象に、3ヵ月ごとに住宅市場の業況感についてアンケート調査を実施したようです。

  7. 三井住友海上、海外未公開株に投資 スイス運用と合弁

    三井住友海上火災保険は2022年1月、スイスの資産運用大手と合弁で運用会社を設立するようです。海外でプライベート・エクイティ(PE=未公開企業)投資を手がけ、非上場の成長企業に投資したり上場企業を買収して非公開化したりするとのことです。

  8. 不動産担保ローンを申し込む際の事前準備する書類について

    先日あるお客さまより、『不動産担保ローンを借りる際に準備しておく書類はありますか?』というご質問をいただきました。

  9. ローンを申し込む前に準備しておく書類はある?

    Q.不動産担保ローンを借りる時に、事前に準備しておく書類はありますか?A.不動産登記簿謄本、住宅地図、公図、地積測量図、建物図面、固定資産税評価証明書、建築確認通知書等の不動産に関するもの、運転免許証・パスポート等のご本人さま確認の為のもの、ご契約時には印鑑証明書、担保不動産にローンがある場...

  10. 業況指数、流通は10期連続のマイナス水準

    一般社団法人土地総合研究所は18日、四半期ごとに実施している「不動産業業況等調査結果」を発表しました(2021年10月1日現在)。経営状況および3ヵ月後の経営見通しについて、業種ごとに不動産業業況指数を算出したもので、回答数は102社のようです。

ページ上部へ戻る